HOME  >  当院について

ごあいさつ

 私どもの病院は、現名誉院長 伊藤 博によって、昭和39年5月8日に金沢市十三間町において「伊藤内科」として開設されました。開院当初より消化器疾患を専門に診療を行い、X線テレビ室、内視鏡室、臨床検査室を設置し先進的な取り組みを行ってきました。多くの患者様のご支援と職員の献身的な努力により、昭和45年10月1日に現在の場所にて伊藤病院を新築しました。

 その後、医療技術の進歩や社会のニーズに対処すべく、平成11年3月より病院の近代化整備のため全面的な改築を行い、病室面積と廊下幅の拡張、食堂・談話室、リハビリ室を設置し、同年7月25日には財団法人日本医療評価機構の審査を受け認定をうけました。そして平成15年1月より、更に質の高い医療サービスを提供させて戴くため、別館を新築し1回に内視鏡センター、CT室、検査室(超音波断層装置、自動車エルゴメータ等)、診察室、2階にはカンファランス室・図書室、診療録管理室、事務室等を設けました。平成15年9月より循環器を専門とする伊藤 順が院長に就任いたしました。

 今後も小病院ではありますが、さらに診療・看護機能を高め消化器疾患、循環器疾患に専門性を置き内科一般の診療も行い、病・診、病・病連携を行いながら地域に根ざした安心、安全な医療の提供を目指しています。

病院の理念

私たちは、信頼される安全で質の高い医療を目指します。
地域との連携を大切にし、地域の保健・医療・介護・福祉に貢献します。

基本方針

  1. 地域医療に専門性を生かし貢献します。
  2. 患者さま中心の安全で質の高い医療を提供します。
  3. 心のこもった温かい最善の医療サービスに努めます。
  4. 十分な医療情報の提供を行い患者さまの権利を守ります。
  5. 地域の医療、介護、福祉機関と密接な連携協力に努めます。
  6. 自らの技術・知識・モラルの向上に努めます。

患者さまの権利

私たちは患者さまの権利を大切にします。

  1. 個人として、人格が尊重される権利
    人間としての尊厳や人権が尊重され医療者との相互信頼、協力関係のもとで医療を受ける権利を持ちます。
  2. 良質な医療を受ける権利
    良質な医療を平等に受ける権利を持ちます。
  3. 十分な説明を受ける権利
    病気や検査治療内容について理解と納得できるまで十分な説明と情報を受ける権利を持ちます。
  4. 受ける医療に参加し自ら決定する権利
    十分な説明と情報提供を受けた上で自らの意思で承諾または拒否される権利、医療機関を選択する権利を持ちます。治療のどの段階においてもセカンド・オピニオン(他の医療機関の医師の意見)を求めることができます。
  5. 受けている医療について知る権利
    受けている医療について、わからないことがあれば医療者に質問することができ、診療情報についても情報提供を受けたり診療記録の開示を求める権利を持ちます。
  6. 個人のプライバシーが守られる権利
    診療の過程で得られた個人情報は、守られる権利を持ちます。

患者さまへのお願い

  1. 良質な医療を行うため、病気に対する出来る限り正確な情報をお伝えください。
  2. より良い医療環境を維持するために病院の規則と職員の指示をお守りください。
  3. 病気の改善や治癒のために、また患者さまと医療者との良好な関係を保つために、患者さま自身の治療への参加をお願いします。
  4. 説明を受けても理解できない場合は納得できるまでお聞きください。
セクシュアル・ハラスメント及び 妊娠・出産・育児・介護休暇等に関する規定